ニンニク卵黄info:トップ > にんにく卵黄とコレステロール
にんにく卵黄の成分ですが、卵黄には卵白よりコレステロールが多く含まれます。しかし、レシチンという成分が悪玉コレステロールをお掃除してくれます。
【売上日本一】の理由は素材や無臭だけではなかった。その秘密は?
健康家族の伝統にんにく卵黄【日本一の6つの理由】

にんにく卵黄とコレステロール

にんにく卵黄は、にんにくと鶏卵の卵黄のみでつくられています。

一般的にマヨネーズなどに代表される卵黄を使った食品は

「コレステロール値が高い」と見られがちです。

このにんにく卵黄も「服用することで血中のコレステロール値が

高くなってしまわないか」などといった先入観をもってしまう方も多いことでしょう。

コレステロール値が高くなってしまう理由は、

卵黄と動物性油脂を組み合わせた食品などを摂ったなどという理由が多いようです。

 

逆に、鶏卵のみを食した場合一日に複数個以上を食さない限り

血中コレステロール濃度が高まりません。

卵黄に含まれているコレステロールの多くは「善玉コレステロール」といわれており、

体の中の悪玉コレステロールと結合して肝臓へ運ぶために、

コレステロール値が上がることで起こる動脈硬化などを防ぐ働きをします。

にんにく卵黄の一日の服用量をきちんと守っていれば、

にんにく卵黄によるコレステロールの摂取過剰などといった事象はまず起こりません。

 

食生活や日常生活に気をつけながらにんにく卵黄を服用するように心がけることで、

高かった血圧が下がったり、コレステロール値が減ったという効果を

実感しておられる方も多いようです。先述にもあげましたが、

にんにく卵黄を併用しながら軽い運動を始めたり

油脂を使った食品をとることを控え

野菜を多く食べるように心がけるといったちょっとの生活の工夫で、

ズボンのウエストサイズがワンサイズダウンするということも夢ではないようです。

ところで、数あるにんにく卵黄の中でも、売上げ日本一をあげるのが、健康家族の製品です。
「ばあちゃんの口癖♪」「う~がい♪手洗い♪にんにく卵黄~♪♪」というテレビCMでも有名ですね。つい口ずさんでしまうあのCMソングも印象的です。
売上げ日本一の理由は「こだわりの素材」「安心・安全」などいろいろありますが、評判などを見ると、やはり効果が実感できたという口コミが多く見られます。
【売上げ日本一】の秘密を見てみる▼
健康家族の伝統にんにく卵黄【日本一の6つの理由】 にんにく卵黄
IT用語